公文の先生を辞めたい?私が辞めた一番の理由はこれです




公文を辞めた理由

単純に、もうからなかったです。

1年間、毎月80時間、年間960時間働いて、9万円。ということは時給100円以下。
内職でも、もうちょっと稼げますよね?

公文を辞めたきっかけ

儲からなかったのが辞めた一番の理由ですが、きっかけとなったのは教室のクーラーの故障です。

引継ぎ教室がかなり古い民家だった

私は、公文が直営でやっていた教室を引き継いだのですが、かなり古い民家でした。

そこはエアコンは備え付けではなかったようです。以前、教室をやっていた先生が付けたそうですが、10年ほど前のことだったようです。

そして、私が教室をやっていた時に、ついにそのエアコンが壊れてしまったのです。

修理に来てもらうと、「もう修理しても治らないので、新しくした方がいいですね」と言われました。

エアコンは少なくとも7万円以上しますよね?ここ数年の猛暑の中、エアコンなしの教室はありえません。

公文の事務局に相談すると、「こちらでは補助しません」との答え。

儲かってないのに、さらにエアコン代もかかるの? もう無理だと思い、1年で辞める決断をしました。

辞めたことに後悔なし

このエアコンが壊れていなかったら、私、まだ続けていたかもしれません。

大半の子供たちは文句なくかわいいです。勉強をみて、できるようになるのも嬉しいです。

正直「せんせい」と呼ばれるのも気分がいいものです。

慕ってくれる生徒も出てきます。保護者の方も良い方もいます。

そして、もしかしたら2年目からは儲けられるんじゃないの?と淡い妄想を抱いてしまうのです。

経営の相談をしたところ

起業の際に、知り合いに税理士さん(男性)がいたので、私は色々と相談しましたし、確定申告もしてもらいました。

そして、その方から

「やめなきゃダメ!」

と言われました。

主人に相談しても、「やっても儲からないなら意味ないんじゃないの?」と言われました。

でも、友人(女性)や母は「もう一年続けてみて様子見たら?」と言われました。

やはり、ビジネスに関しては、男性の方がシビアですよね。女性でも起業経験者やビジネスに精通している方は別です。

公文の先生からの手紙

ある日、公文の先生から手紙が届きました。

名前は聞いたことなかったのですが、公文xxx教室と送り主に書いてありました。

読むと、だいたいこんな感じでした。

公文の先生の平均月収は6割が3万円以下である。

ロイヤルティーが高すぎてこのような状態になっている。

公文の研究会に、公文の先生で一致団結して訴えていきましょう!

これを読んだとき、「私が経営が下手なわけではなかったんだ」と思いました。
ただ、もう私はやめることを決めていたのですが、私の辞めるという選択は間違ってなかったと思いました。

フランチャイズは本部だけは絶対損をしない仕組み

私はたった1年の勉強代でしたが、年配の先生方はどれだけ公文のロイヤルティー払ってきたんでしょうか。

確かに定年がなく、長く働けるかもしれませんが、私の規模の教室で年間本部に200万払ってましたから、ベテランの先生は何十年とやっている方もいるので、数千万円以上払っているのではないでしょうか。赤字が出ても、先生がかぶるだけです。

そして、実際のところ、私は従業員(丸付け先生)より自分の手取りが低かったので、やっててあほらしくなりました。

働くというより、本当に勉強代でした。

こんなこともあり、フランチャイズは今後もやらないと思います。コンビニは動くお金も大きいだけにもっと厳しそうです。




16 件のコメント

  • 初めまして!こんにちは!
    これから引き継ぎ教室にて先生を始めるかで悩んでいます。
    賃貸物件(11〜3万)、教科数80〜100。スタッフ4〜5人。
    前任者は、先生の月収手取りは扶養範囲内の6〜9万、労働時給に換算すると300〜400円(サービス労働多々)と仰るのですが、公文本部からは月収20〜24万の手取りになると試算表を見せられました。
    数値があまりに食い違う為、調べていましたらこちらにたどり着きました。
    一言で申し上げて、上手い話でボランティア先生を釣り上げてロイヤルティーばかりむしり取るブラック企業なのでしょうか?それとも、前任の先生が謙虚にお話されていただけなのでしょうか?
    間もなく不動産契約時期につき(敷金、礼金、仲介料等で70万〜出費予定です。、引き返すなら今だと、迷っています。コメント宜しくお願い致します。

    • 10年位やれば、経営状態はそこそこ満足できるようになるかも知れませんが、
      生徒が増えるかどうかは、教室をやる地域性に大きく左右されます。
      周りを見ても、頑張ってどうにかなるというものではなさそうです。
      公文の指導者が集まって、労働委員会に会社を訴えた位ですから。
      相当ブラックですよ。

      • 初めまして公文の指導者になって、来月で2年が経ちます。
        会社を訴えたと書かれていますが、訴えた後 …
        何か改善されたのでしょうか!?

    • コメントありがとうございます!前任者は嘘をつかないような気がします。公文が見せた試算表は何かをわざと計上していないはず。その試算表を見せて前任者とお話しできればいいのですが。私はブラックだと思います。

  • 私は現在指導者3年目に入りました
    前任者が二度短期間で変わり私が3人目の指導者として引き継ぎスタートしました
    インストラクター補助が切れた3年目までに、前任者指導の先生の文句を私に言って辞めていったり色々あって、本当にインストラクター補助が切れるタイミングで生徒は半分になりました
    100から50まで減ったので、補助が切れた今は家賃とスタッフ代や光熱費や修理費用なんかで収入は現在ない…
    ずっと休みもあんましなくポスティングしたり教材を解きながら必死に過ごしてきましたけど、もうこれからの光が見えません
    ボランティア状態です
    インストラクター期間で辞めれば良かったと後悔しています
    どうして良いかわかりましぇーん
    30代なので、この先収入ないなんて困ってしまうし潔く辞めた方がいいのか?
    インストラクター切れたあと、みんなうまくいくもんですか?
    私には経営の才能ないのか?
    5年後とか10年後がもう見えないー

    • 潔くお辞めになることをお勧めします。
      私は公文の指導者を始めて10年目になりますが、
      周りで続けている同期の指導者は、収入が目的で
      働いている方ではなく、やりがいを求めている方しか
      残っていません。
      教室の場所によっては、経営がうまくいくケースもあるようです。
      自分で場所を決めることができませんので、今の場所が子供の少ない地域であるとか、
      競合教室が近隣に複数あるとか、教育関心度の低い地域であるとか、
      そのような場合には、難しいと思います。

  • 高いロイヤルティーばかりがもうからない原因ではありません。
    エアコンはもちろん、生徒の机やいす(幼児には必ず幼児用を!)、学習用カードや数字盤などの教具類、赤ペンやインク代、プリントの解答書さえも有料、指導者負担です。会費の引落手数料も100%指導者負担。生徒募集のためのチラシ印刷費や、従業員募集広告代も何の補助はありません。
    本部は、教室に絵本や児童書を設置するよう、入退室を保護者にメールするシステムを導入するよう、クレジットカード払いの利便を図るよう、あれやこれやとコストのかかることを次々と要求してきます。
    また、事務局で開催される講座などへの度々の出席も必要で、この交通費も各指導者の負担です。
    加えて、生徒個人別の教材セット、保護者面談、教材請求、月々の報告書、会費の請求、スタッフ給料計算などなど、教室時間外の労務がたいへん多くて、指導者の時給換算などバカらしくてできないくらいです。
    昨今は、人手不足状況下、安い時給でも来てくれる従業員にも気を使い、もちろん保護者にも気を使い、パワハラと言われぬよう子供にも気を使い、心休まることがありません。
    毎日、いつやめようかとやめるタイミングを考えてばかりいます。
    どなたにも、この仕事はお勧めしません。賢い女性は、もっと別の方法で起業し楽しく充実した時間を過ごすことができるはずです。

  • 数か月前に別の記事でコメントを残させていただいたものです。
    ここでは、現役のくもんの指導者さんたちのほんとの気持ちがコメントしてあり有益な場だと思っております。
    研修などでお会いする指導者の方や事務局の方からは、絶対に聞けない内容ばかりです。
    なぜか、くもんの業界ではお金のこと(収支)を口に出すことが憚られる雰囲気なのです。教育産業だからでしょうか。
    HPでくもんの先生を募集していますが、そこに掲載してある収支計算はまったくの絵空事だと、ようやく教室を始めてわかりました。

    上の「私も指導者さん」も書かれてますが、教室外ですべきことが多すぎます。
    時給換算は、私も怖くて計算できません。
    今から暑くなる時期ですが、ポスティングもほとほと嫌になってきました。
    なんという世界に入ってしまったのか、もう笑うしかないです…。

  • くもんなれっじの指導者ページの公文社長のメッセージから、
    「KUMON指導者ユニオン」という指導者の団体が公文を訴えているということを知り、
    このページに到達しました。
    月3万円以下の収入は自分だけじゃなかったんだ!ということを知りました。
    3万円以下というのは「続けるか辞めるかの瀬戸際」です。
    特に3〜4月は生徒が中学入学などで生徒数が減ることがあるので、ドキドキです。
    ロイヤリティー、もちろん払いますが、多くてもせいぜい25%にしてほしい。
    そうなれば安心して教室を続けられると思います。

    世界中の至る国に、KUMONの教室ができているのは良いことです。
    しかし公文の収入源の教室の指導者の多くが瀬戸際状態で働いていることを考え
    海外投資する前に足元を見てほしいです。

    収入がバイトより少ないのは自分のせいだと思う。。。
    それも正しいかもしれませんが、ロイヤリティーは良心的ではありません。

  • 今、インストラクター頑張っています。
    赤字かとんとんです。自分の給料なんて出ません。前職が普通のサラリーマンで、立ち上げが忙しくてついそのまま社会保障費を個人で払ってしまって、昨年ベースの税金も払って。私の沢山あった退職金はどこに?
    スタッフさんの人件費見積もりが、本部さんの提案だと圧倒的に足りないです。教材セットの時間を少なく見積もりすぎです。熟練の先生たちは、セットを簡略化してる模様。そして、儲かる先生は、、結局月火木金土教室をあけて、普通に毎日サラリーマンと同じくか、それ以上に仕事してます。
    私は家庭のためにと思ってサラリーマンやめて、でも無職やパートというのが怖くて個人事業主してみましたが、そんなこと言わずにやめればよかったです。始める前に採点のパートをしたりして体験し、教室の先生から話を聞くのおすすめです。

  • インスト2年目の者です。
    新規開設で2年目に入りましたが、生徒さんがぜんぜん増えません。
    収支はぼろぼろです。

    子育て中で、2人の子がいますがよく熱を出します。発熱で保育園に行けず、教室も休めないので、やむなく病児保育に預けますが、ふと疑問が湧きます。
    教室運営で労働に対する対価もないのに、病気の子供を看れず病児保育代を払ってなんのためにくもんやっているんだろう?と。
    近々辞める意思を事務局に伝えるつもりです。

  • 公文の指導者を2年やり、先日辞めたばかりの者です。こちらのサイトの情報は、2018.10の会費が1000円値上がりする前の情報なので、収入については、若干良くなっているのですが、それでも扶養を抜けられるほど稼げる指導者はあまりいないようです。私が辞めた理由もまさにそこで、週二回の教室日以外も事務作業や、会費管理、教材のセット作業などで、結局週5で勤務し、公文に入れられるほど経済的に余裕のある保護者はワーママばかりなので、入会のテストや面談は土日になり、内部生の保護者面談も土日…教室日は19:30まで仕事で、保育園も延長保育で料金がかかるのに、それは経費に計上できない…
    それだけ働いて、生徒が30人くらいいて、1月手取り平均6万円くらいでした。進学シーズンでバタバタ辞めてしまったあとは手取り2万円になり、真面目に働いていた故に、あまりのショックに言葉もでませんでした。支えて応援してくれている家族にも申し訳なく、情けなく、自分のふがいなさに泣きました。なにが嫌かって、収入としては月謝で30万近く入っているのに、ほとんどをロイヤリティーで持っていかれるということです。
    ダンナさんが高所得で、自分の学歴を使ってやりがいを求めたい、お小遣い程度で収入は二の次、という子ども好きな方にはぜひお勧めしますが、家計のために働きたい、ある程度儲けを出したいという方には全くおすすめしません。生徒がたくさんいて、一見儲かっているようにみえる教室もありますが、週に4回教室日があったり、駅前の家賃が18万円、光熱費も高かったり、収入はあっても所得はないのが現状だと思います。あとは、皆さんも書いているようにロイヤリティーが高すぎます。条件に達してロイヤリティーが下がる頃には、家賃補助がなくなり、結局儲けは変わりません。それどころか、下げるために納入金を払えと言われます。11万円です。月収1ヶ月分以上の金額です。そんな余力はありません。
    我が子に公文をさせていて、とても楽しそうだったし、おかげで学力も伸びました。
    公文自体はとても良いと思います。ただ、指導者にこんなに厳しい収入で運営させていては、これからの時代、やる女性はいなくなるでしょう。収入のことを半ば騙したり、ごまかしたりしながら、指導者を探さなければいけない社員さんもかわいそうに思います。とはいえ、社員さんも羽振りは良さそうです。指導者がヨレヨレの中、良い服来て、アクセサリーつけて、ネイルアートしています。だれが儲けているんでしょうね…本当に腹が立ちます。
    とにかく、お金に余裕があって、「やりがい」だけ手に入れば良いという人以外は入らないほうが良い世界です。辞めた方、みんなサイトで仰っていますが「高い勉強代でした!」

    • 指導者を止めることを検討しております。
      どのようなスケジュール感でお辞めになることができたのか、お教えいただけると助かります。

  • >シェリーさん、
    コメントありがとうございます。私の場合は、確か1月にやめると言って、3月末で終了しました。ただ1年目で辞めたので、正式な指導者(インストラクターという名称だったような)ではなかったし、5年以上前の話なので今は違うかもしれません。年度末にやめるのが一番すんなりいきそうですよね。ただ、公文はあれだけロイヤルティを吸い取っているので、恩を感じず契約に沿っていれば、辞めたいときに辞めちゃっていいと思います。

  • 公文書写の指導者2年目の者です。生徒さんは現在1人です。この1年で多い時でも3人でした。事務局の人間は事あるごとにサポートします、お力になりますと言いますが口だけです。本当に困った時に事務局に相談しましたが、アシスタントから「先生なのに知〜らな〜い〜んですかぁ〜」局員から「いちいち〇〇先生に教えませんよ」という返事でした。彼らは集客の手法もポスティングしか知らないし本当に何の役にもたちません。なけなしのロイヤルティがこんな人間の給与になっていると思うとやりきれないです。他に仕事を掛け持ちしなければ、教室の家賃さえ払えません。担当者には「そんな先生は沢山いますよ」と言われました。同僚でも仲間でもないとも言われました。マニュアル通りの対応かもしれませんが、関わらない方がいい人種の集まりです。外で働けばおかしな人もいますがお給料がもらえますよね?公文はこちらがお金を払いこんなことを言われるのです。公文書写の指導者を目指している人がいるなら今すぐ辞めた方がいいです。他の書道会に比べ字が下手でも簡単に開設できますが、その後は全て自己責任、サポートはありません。茨の道です。一生お金の心配がない裕福な奥様の楽しみとしてならよいかもしれませんが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です